大学の答辞を任されたのですね。

広告

大学の答辞の例

↓6件紹介します。
●平成28年度 千葉大学卒業式 答辞|ニュース・イベント情報|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
http://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/info/28_11.html

●大学の卒業式の答辞はどんな内容?書き出しはどうする?例文は? | 春夏秋冬の調べ
http://sweetripple.com/blog/1260.html

●平成24年度横浜国立大学卒業式・大学院修了式を挙行 – 横浜国立大学
http://www.ynu.ac.jp/hus/somu/9229/detail.html

●2010年度卒業生の皆様へ | 卒業生答辞
http://www.kanagawa-u.ac.jp/news/special/2011graduation/touji.html

●2016年度卒業生代表 答辞 | 早稲田応用化学会
http://waseda-oukakai.gr.jp/newhome/2017/03/31/2016sotsugyotouji/

●「平成22年度大学院修了生答辞」を掲載しました。 |宮城教育大学
http://www.miyakyo-u.ac.jp/news/student/post-53.html

無理なら早く辞退

人によっては無理な事情を抱えている人もいるでしょう。
答辞なんて誰でもできる簡単なことでは無いと思います。
高校までは生徒数が少なかったのですが、大学の卒業生は相当な人数になります。
何かとレベルの高い人が卒業する式ですし。

在籍大学の過去の例も参考に

どうしても一文字も文例が思いつかない時は担当教授にお願いし、過去の例を見せてもらえないか頼んでみましょう。運がいいと用意してもらえるかもしれません。
これを書き換え・改良をすれば作れるかもしれません。

きっと一生のいい思い出になるはず

無責任なようですが、きっと一生のいい思い出になると思います。
何かつらいことが有っても、自信の根源になるかもしれません。

これで大学生活が終わって社会に羽ばたく人も多いのでしょうね。
上手く仕事のできる日が有ったり、失敗する日もあったり、いろいろな事が待っています。失敗してもリカバリできる場合もありますが、負荷抗力の場面もあるかもしれません。あまり大ごとをしなければ、大勢には影響することも無いかもしれません。ただ、人によっては大きな責任を背負う立場になる人もいるかもしれません。
自分を信じて頑張りましょう。

広告